寒い冬、コタツやホットカーペット、ファンヒーターを使いたい気持ちになりますね!
無垢フローリングでもコタツやホットカーペット、ファンヒーターって使ってもいいの?とお悩みのお客様も多いと思います。

 

<基本>天然木フローリングは熱で変形してしまう

まず、無垢フローリングをはじめ、天然木を使用しているフローリングは、熱で変形します。
天然の素材なので、水分の変化で、ひび割れたり、反ったりします。

無垢フローリングでも複合フローリングでも、同じです。天然木を使用していますので、高温がこもると変形します。

 

床暖房対応商品なら大丈夫?

答えは、床暖房対応商品でもNGです。

コタツやホットカーペットの場合、床の一部に長時間熱がこもります。
こもった熱は高温になり、床暖房対応商品でも対応できません。
高温が続くとひび割れたり、そったりという不具合が出ます。

同じく、床暖房対応商品でも、床暖房使用時にラグを敷いたり、直置きのソファ等の大きな面を床面に密着する家具を置いたりすると、そのラグや家具の下が高温になり、床材に不具合が出ることがあります。
床暖房対応商品でもラグ等は敷かず、ソファは脚付きの物をご使用いただければと思います。

また、ファンヒーターも、長時間高熱が直接床材に当たり続けるものなので、熱による不具合の原因となります。

 

※「床暖房対応ラグ」は?

「床暖房対応ラグ」という商品は、床暖房の熱でも「ラグには」変質や変形等のが不具合がないと言う商品です。床暖房使用時に「床材に影響がないラグ」というわけではありません。

 

 

それでもコタツやホットカーペット、ファンヒーターを使いたい!

ですよね、寒いですし。

結論としてはコタツやホットカーペットと床材の間に断熱シート等を敷いて、フローリング材に長時間熱が伝わらないようにしてご使用ください。

ファンヒーター等も、断熱性の高い敷物で、床材に熱が伝わらないようにしてご使用下さい。

とにかく、フローリングに直接高熱が当たり続けたり、床と敷物・家具の間に熱がこもったりしないようにしていただければ、無垢材を使用したフローリングへのダメージも回避できます。

 

無垢フローリングには、何も敷かずに床暖房(床暖房対応商品のみ)か、エアコンが優しいと思います。

 

その他、フローリングのご使用上の注意事項もご一読ください。