無垢-床.comがおすすめする!失敗しない!フローリング材選び

 

こんにちは! 無垢-床.comの(株)アークシステムズです!

無垢フローリングは様々な樹種があり、さらに床暖房に対応したもの、表面塗装が樹脂コーティングのもの、オイル塗装のもの等、どれを選んだらいいか分からない事はありませんか。

基本的にはお好みに合わせた物を選択いただいて問題ありませんが、選ぶ際のご参考になればと、下記に色々書いてみますね。

 

●まず、どの木を選んだらいいの?

これはよく聞かれますが、「まずはお好みの色で」とおすすめしています。

多少の違いこそあれ、床材として加工してある木材は、すべて問題なくご利用できます。
そのため、お好みの木目や色で候補を絞っていただくことで問題ないと考えています。

同じお部屋でも、色によってがらりとイメージが変わりますね。
まずはお好みのお部屋のイメージからフローリングの樹種を絞ると良いでしょう。

お好みの色のフローリングで選ぶお部屋づくり 白~ベージュ系 薄茶系 茶系 赤系 焦げ茶~黒系 グレー系

 

次にお好みの感触やご予算等で絞り込んでいきます。

安い=悪いのではありません。高い物は希少な樹種・部位であったり、特殊加工品であったりするだけで、低価格のものでも十分ご使用いただけます。
同じ木でも木目の出方や節の有無で価格が違いますが、基本的に節や色違いの多い部分は比較的安く、節の少ない部分は希少になるので比較的高くなります。デザインの好みでお選び下さい。

樹種により硬い木や比較的柔らかい木(主に針葉樹)もあります。柔らかい木は傷がつきやすいですが、硬い木よりも手触りのあたたかみを多く感じます。
無料サンプルもありますので、まずはお気軽にご請求ください。

また、ご使用いただく場所により、しぼることもできます。
床暖房や熱源の近くに設置したい場合は「床暖房対応品」が最適です。

 

●表面加工はどれを選んだらいいの?

塗装加工の違いについては、簡単に言うと、下記のようになります。

  • ウレタン塗装=樹脂でコーティングしているので表面がつやつやで硬くなり、無塗装や自然塗装に比べて水分や傷に強いが、無垢の感触や木の呼吸による調湿効果はほぼなくなる。表面を削ると塗装が剥げてしまい、樹脂の再塗装は個人では難しい。基本的にはワックス等の手入れは不要。(ツヤを出したい等の場合はワックスでお手入れしてください)
  • 自然塗装=オイル塗装で木目が美しく際立つ。木が呼吸でき(家の湿度の調整を木がする)傷等もサンドペーパーで擦って消せる。樹脂塗装に比べると水や汚れには弱いが多少の汚れなら拭いたり削ったりしてメンテナンスができる。オイルの塗膜を保つには、1~2年毎(あるいは塗膜が無くなった気がした時)にオイルでのメンテナンスが必要。
  • 無塗装=一番木が呼吸でき、木の感触も楽しめ、傷等もサンドペーパーで擦って消せるが、一番傷や汚れがつきやすく一番水に弱い。


(↑ 左カバ・右ナラの塗装別参考写真)

キッチン等水分が飛んだり汚れたりしやすい所にはウレタン塗装品、リビングにはある程度汚れも防げて肌触りも良い自然塗装品、というように、利用シーンやお好みの見た目、感触でお選びください。
各種塗装をした無垢フローリング材の無料サンプルもありますので、まずはお気軽にご請求ください。

塗装別商品一覧は下記からご覧ください↓
樹脂系塗装フローリング自然塗装フローリング無塗装フローリング

 

●水気の多い場所ではウレタン塗装製品をおすすめします

台所回り、おトイレ等、水分や汚れが附着しやすい場所ではせっかくの無垢フローリングがダメージを受けやすくなります。
シミや汚れも無垢の味としてお楽しみいただけますが、水分による変形や傷みには注意が必要です。

そのため、ウレタン塗装で表面に耐水性のある商品をおすすめします!
ウレタン塗装なら樹脂のコーティングで水がついてもすぐにシミになったりせず、汚れも木に染み込みにくく、表面だけならちょっと濡らした雑巾で拭いたり等、メンテナンスが楽な表面塗装です。
とはいえ、ウレタン塗装の商品も表面以外は完全防水ではないので、キッチンマットを敷くなどし、水分がこぼれたらすぐに拭き取ってご利用下さい。

 

●ウレタン塗装品のワックスでのお手入れは木質フローリング用で!

日常のお手入れは乾拭きが基本です。

ウレタン塗装品は基本的にはワックスを塗布する必要はありませんが、ツヤを出したい時など、ワックスを塗る場合は木質フローリング用樹脂系ワックス塗布をしてください。

ウレタン塗装品といえど、側面や裏面等、完全防水ではありません。継ぎ目等から下に染み込む水分によって変形や傷みが起こりますので、モップ拭き等、水分を多く含ませる塗布の仕方は絶対にしないでください。

ワックスのメーカーはいくつかありますが、木質フローリング用ならお好きなものをお選びいただいて構いません。
ホームセンター等でご購入いただいてもいいですし、業者に依頼する場合は木質フローリング用を使用する旨相談していただければと思います。

 

●自然塗装品(オイル塗装)のお手入れは専用のオイルで!

日常のお手入れは乾拭きが基本です。

自然塗装品(オイル塗装)へメンテナンスのオイルを塗る場合は数年に1回程度、表面塗膜が無くなってきたなと気になる時に専用のオイル塗布をしてください。
また、ウレタン塗装(樹脂塗装)用のワックスは厳禁です。自然塗装品(オイル塗装)のメンテナンスには必ずオイル塗装用のメンテナンス商品をご利用ください。

自然塗装用のオイルについては無垢-床.comでもお取扱いがあります。
下記ページでご覧ください。

 

●床暖房を使用する場合は床暖房対応フローリングをお選びください!

床暖房対応フローリングは、人工乾燥で木の中の水分量を減らして変形しにくくしたものや、素材の合わせ方で変形しにくくしたフローリング材です。
床暖房対応品で安心して寒い季節も温かくおすごしいただけます!

併せて「使用上のご注意」のページもご覧ください。

 

 

いかがでしょうか。

ぜひ、無垢-床.comの無垢フローリングで、素敵なお部屋を作ってくださいね!

お見積り、ご相談、ご質問サンプル請求無料で受け付けております!
メールフォームよりご連絡ください。
皆様のお話、お待ちしています!